授業が高い私立でも、最終的にはお得な場合も

ずいぶん前から、「高校は公立で、大学は地元国立で」という風潮が根強くあり、不景気からか、授業料を抑える受験を目指す学生が増えています。
確かに、私立高校だと月に数万円の授業料がかかり、私立大学だと、年間で百万円近くの授業がかかることが多く、なるべく授業料を抑えたい気持ちは理解できます。
しかし、それとは別に、受験のための塾にお金がかかったり、ビジネススクールや就職のための勉強にお金がかかる場合も多く、一概に「国公立が安い」と考えることは大変危険です。
有名予備校になると、その授業料が月に十万円近くに及ぶケースがたくさんあり、塾代が高いと嘆く保護者がたくさんいるのが現状です。
しかし、学校によっては、授業や補講で、大学受験対策をしっかりと行う私立高校もあり、最終的には私立の方が安く済んだというケースもあります。
私立学校では、進学先や学力、就職先によって学校の評判が大きく左右されるため、「いかにして学力や就職率を上げるか」という点に真っ向から取り組んでいます。
そのため、受験対策や就職対策をしっかりと行い、面倒見が良いとされる学校が多いのも事実です。
「私立は高い。
公立が一番」と鼻から決めつけずに、広く視野を持って、あらゆる可能性を模索することが大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事