授業が高い私立でも、最終的にはお得な場合も

ずいぶん前から、「高校は公立で、大学は地元国立で」という風潮が根強くあり、不景気からか、授業料を抑える受験を目指す学生が増えています。
確かに、私立高校だと月に数万円の授業料がかかり、私立大学だと、年間で百万円近くの授業がかかることが多く、なるべく授業料を抑えたい気持ちは理解できます。
しかし、それとは別に、受験のための塾にお金がかかったり、ビジネススクールや就職のための勉強にお金がかかる場合も多く、一概に「国公立が安い」と考えることは大変危険です。
有名予備校になると、その授業料が月に十万円近くに及ぶケースがたくさんあり、塾代が高いと嘆く保護者がたくさんいるのが現状です。
しかし、学校によっては、授業や補講で、大学受験対策をしっかりと行う私立高校もあり、最終的には私立の方が安く済んだというケースもあります。
私立学校では、進学先や学力、就職先によって学校の評判が大きく左右されるため、「いかにして学力や就職率を上げるか」という点に真っ向から取り組んでいます。
そのため、受験対策や就職対策をしっかりと行い、面倒見が良いとされる学校が多いのも事実です。
「私立は高い。
公立が一番」と鼻から決めつけずに、広く視野を持って、あらゆる可能性を模索することが大切です。

少しずつ難易度をあげながらの学習のため無理せず理解力がつきます
中学受験や小学校受験に役立つ知識を早く学べます。

学生が主体となって地域の子育て支援
先生を目指す学生と一緒に地域のご家族様のサポートいたします

安心して多くの学習教材の売却をおまかせできます
経験豊富で、学習教材に関する需要・専門知識も豊富なので安心です。

英語を学べる東京の学童 Kids On Air
現地出身のスタッフがオールイングリッシュの環境にて英語を使いながら様々な経験ができるようサポートします。

プログラミングを学べるコースも用意しています
小学校で今後必修となるプログラミングの学べるレッスンを英語・日本語にて行っています。

最新記事